EmguCVについて

Splatoonが楽しいです!毎日飽きることなく楽しんでいます。
特に友人知人とのナワバリバトルは普段以上に燃える戦いになります。

自分はやま/しょしんしゃやま【ラブライバー】といった名前でプレイしています。

Splatoonの残念な仕様として、キルデス数やマッチング履歴を戦績を保存することが出来ません。
どうしたものかと思った結果、OpenCVで文字抽出する所まで頑張ってみようかと思います。

今回はOpenCVの.NETラッパーであるEmguCVについて調べてみました。

EmguCVとは

EmguCVはOpenCVの.NETラッパー、クロスプラットフォームの画僧処理ライブラリ。
MonoでコンパイルされているためWindowsだけでなく、LinuxやMac、Android/iOSなどでも利用可能です。

OpenCVはIntelによって開発されたライブラリで、リアルタイム画像認識が出来ます。
C/C++で書かれているため、.NETを使ったプログラマには使いにくいものとなっています。

EmguCVでは.NETで提供されている機能のP/Invokeを使ってアンマネージド関数を呼び出し、利用することが可能となっています。ですので、C#やVB.NETユーザでも簡単に利用できます。

頻繁にアップデートも行われ、Unity5系にも対応している模様です。
そのうち試してみたいと思います。

公式サイトはこちら

EmguCV
http://www.emgu.com/wiki/index.php/Main_Page

EmguCVのライセンスについて

EmguCVのライセンスはGPL v3です。
そのため作成したソースコードは公開する必要があり、
かつ、そのソースコードはGPL v3ライセンスを適用する必要があります。
(この認識が誤っていたらご指摘頂けると幸いです)

場合によっては使い勝手が悪い可能性があると思いますので、
この場合はLPGLのOpenCVSharpといった別のライブラリを利用する方が良いかと思います。

OpenCVSharp
https://github.com/shimat/opencvsharp

筆者の都合で次回以降はOpenCVSharpを使っているかもしれません。


Posted in OpenCV.