Splatoon

Splatoonのビデオキャプチャー環境について

Splatoon に絶賛ハマり中の syyama (やま) です。
メインブキはスプラローラーコラボです。厨ブキとか言われても気にしない。

Splatoon はとても面白くて毎日欠かさずプレイしているのですが、
残念な事ととして、戦績を残すことが出来ません。
勝敗数、キルデス数、ポイント数、ランクの推移など、色々データを取ると楽しいと思います。

現在、何らかの方法を使って戦績を残せないかと思い試行錯誤中です。
その第一歩として、自宅のPCにビデオキャプチャー環境を構築してみました。

今回購入したのは SKNET MonsterX3A SK-MVX3A というビデオキャプチャーカードです。

選んだ理由は、そこそこの性能の割に値段が安いからです。
この機種は1920×1080 24p, 60i, 1280×720 60pの映像をリアルタイム表示・録画可能です。
1920×1080 60pに対応していないのが残念です(60iはエンコードが面倒なので却下)。

無圧縮AVIで出力が可能なので、編集がやりやすいです。
ただしHDDの書き込み速度が遅いと使いものにならないのでご注意を!
例えばWestern DigitalのGreenのような書き込み速度の遅いHDDだとリアルタイム録画は厳しいものがあります。
更に、無圧縮ということもありかなり容量を喰います。

Splatoonのナワバリバトル1回(マッチング時間を含め4分程度のキャプチャ)で25GBにもなります。
HDD管理にご注意ください。なお、容量が無くなるとキャプチャソフト自体がフリーズします。

ちなみに、無圧縮AVIを1280×720 60p H.264 にエンコード後アップした動画はこちら↓

公式のプレイヤーソフトは使いにくかったため、AmaRecTV を導入することをオススメします。
AmaRecTV ではH.264のリアルタイムエンコードが可能なので、書き込み速度がHDDでも問題ないかと思います。

方法はx264vfwをインストール後、AmaRecTVからコーデックを指定するだけです。
x264は下記より無料でDL可能です。
http://osdn.jp/projects/sfnet_x264vfw/

インストール後はAmaRecTVの[設定]→[録画設定]の中央あたりの[ビデオ圧縮]の更新を押します。
すると[x264 x264vfw]というが表示されると思うので、選択します。
[コーデック(いろいろ)]のチェックを入れ忘れないように注意。
ついでにオーディオ圧縮もMPEG Layer-3 Code、ビットレートを192Kbpsに設定しておきましょう。

AmaRecTV-Settings1

次にx264の設定を行います。
高速にエンコードしないと、プレイ中にラグが発生する可能性があります。
つきまして、プリセットをVeryfastにしておきました。
なお、ファイルの容量を削る場合はRetefactorを25.0くらいに設定しておくと良いでしょう。

AmaRecTV-Settings2

以上で設定は完了です。
ひとまず録画できる環境ができあがりました。

1280×720 H.264+MP3 192Kbps CBRにリアルタイムエンコード後アップした動画はこちら↓

当然だと思いますが、無圧縮AVI→H.264エンコとリアルタイムH.264エンコで画質に遜色は無いと思います。
それでは楽しいキャプチャーライフを!

イカは余談です

ニコ生環境やOpenCV周りの話は次回以降に。


Posted in 動画.